薬剤師転職サイトを高満足度のもの優先で紹介します

履歴書の書き方

履歴書の書く時の注意点

書類選考をする企業は最近とても増えています。履歴書の書き方や内容で人物像を判断するのです。経験だけではないその人の将来性を見る第一歩とするため、未経験者は特にこの履歴書の書き方に力を入れる必要があります。
面接の際に人事担当者が履歴書を脇に置き面接するので、面接で話すことと矛盾なくまとめることを心がけましょう。

日付の書き方

細かいことですが、面接に持参する場合と郵送する場合で異なります。
・面接に持参する場合は、面接当日の日付を記入する。
・郵送する場合は履歴書を書いた日を記入する。

名前の書き方

当たり前のことですが、以外と忘れる方も多いのが名字と名前のスペース。 パソコンで打ち込むとしたら「半角分」くらい空けたいところです。 些細なことですが、これによって名前が読みやすくなります。

証明写真

・服装はフォーマルなものにし、髪型なども含め清潔感が大切です。
※特に薬剤師にとって清潔感は重要です。
・三ヶ月以内に撮影したものを使用する。
※スナップ写真は使用しない。
・万が一写真がはがれてしまった場合のために、写真の裏に名前を書く。

住所と連絡先

学校名は省略せずに記入する。 ・学歴の始まりには「学歴」と記入し、職歴の始まりには「職歴」と記入する。 ・小学校、中学校をは卒業年度のみを記入する。 ・学部や学科、専攻も記入する。(アピールポイントになります。) ・今まで入社した会社を全て記入し、アピールになるのような長期間のアルバイト歴も記入する。 ・職歴のあとには賞罰を記入する。特になければ「賞罰なし」と記入する。

学歴

・1行目の中央に「学歴」と記入する。
・中学校卒業年月から記入する。
・高校以上は入学年月津、卒業年月ともに記入する。
・学校名は省略せずに正式名称にする。
・専門学校、短大、大学は学部だけでなく学科名も記入する。

職歴

・学歴の次の行の中央に「職歴」と記入する。
・入社年月、退社年月を記入する。
・会社名は省略せずに正式名称にする。
・所属部門、配属先は次の行に記入する。
・複数の部門に所属した場合は、代表的なもののみを記入し、詳細は職務経歴書に記入する。
・退社の場合は「一身上の都合」、倒産による場合は「会社の都合」とする。

免許・資格

応募先の会社や職種に関係なく、持っている資格は全て取得年月順に正式名称で記入する。
・取得に向けて勉強中のものはその旨を記入する。
※そろばん5級など無意味なものは記入しない。

自己PR

・面接時にも質問される箇所なので答えられるようにしておく。
※空欄や「特になし」は避ける。
・学生の時からはじめ、自分自身が残した実績や経験、技術、希望する仕事に対する熱意などアピールしたいことまとめる。

志望の動機

面接で話すことをさらにまとめで、志望動機として記入する。「面接先の特性」と「自分の特性と経歴」をうまくマッチさせて、志望動機としてまとめることが大事です。例えば、過去から将来へつながるビジョンを実現するために、面接先の特性がいかに自分にとって必要で、お互いにどんな益となるかをアピールしましょう。

希望記入欄

職種をしっかりと書き、お互いにとって勘違いのないようにしましょう。勤務地等の希望を書くのも忘れずに

未経験者におすすめ!
履歴書・エントリーシートを書くときのポイントを、基本から必勝ワザまでリアルに解説。
自己PRと志望動機を中心に、内定を獲得した実例を掲載。自己分析にも役立つ一冊です。

転職者におすすめ!
「20代と同じ書き方で採用されると思いますか?」をコンセプトに“経験の差”を見せつけるための書き方を完全公開。
書類選考から面接に進む為に必読です!

薬剤師就活サポート