薬剤師転職サイトを高満足度のもの優先で紹介します

面接は基本に忠実に

面接の注意点を確認しましょう

薬剤師はこんな面接が採用されやすい!
と言うような方法があればいいのですが、そう言う訳にはいきません。職種問わず、極意は面接前、面接当日、面接後に何をすべきかをしっかり把握し、社会人としてのマナーを守る。社会人として必要な態度、言葉遣いなど基本に忠実であることが、「面接の極意」です。その一つ一つの基本を確認していきましょう。

面接前に確認しておきたいこと

志望動機や経歴をしっかり頭の中で整理しましょう

志望動機は「面接先の特性」と「自分の特性と経歴」をうまくマッチさせて、志望動機としてまとめることが大事です。例えば、過去から将来へつながるビジョンを実現するために、面接先の特性がいかに自分にとって必要で、お互いにどんな益となるかをわかりやすく説明できるようにしておくと良いでしょう。

面接先の情報をインターネットなどで調べておく

現在、多くの病院、薬局、ドラッグストアーが公式サイトをもっています。事業内容などを中心にじっくり読んでおき、その中から質問などをすることによって、熱心さなどやる気を伝えることができます。

身だしなみを印象良く整えてましょう

髪型、服装を清潔にして、第一印象を良くしましょう。気負いすぎず、社会人として常識ある身だしなみであれば大丈夫です。

面接の時間はもちろん厳守です

面接の5~10分くらい前には到着しましょう。そのために面接場所、交通手段などの確認を事前にしておきましょう。できるなら当日までに一度足を運んでおくと良いでしょう。
もし、面接に行けなくなるようなことになった場合はできるだけ早い段階で連絡し、日時の変更を申し出ましょう。

面接前に必読!
採用面接で「すぐ実践できること」を中心に持ち時間に応じて、10分しか時間がないのか、1時間あるのか、1日あるのか、1週間あるのか。持ち時間ごとに「やれること」をわかりやすく分けて書いてあります。

面接前に必読!
面接前の準備から、質問シミュレーション、面接後の対応まで、流れに沿って理解できます。「自己分析」、「事前シミュレーション」にはとても役立つ本です。

面接当日の基本チェックポイント

面接は会社に入った時から始まっている!

面接場所に行くと受付があるところや、電話が置いてあり内線をかけて担当の方に来社を知らせるなど様々です。しかし、どのような形であれ会社に入った瞬間から面接が始まってます。言葉遣い、行動に注意を払いましょう。
人事担当の方は能力、経験、やる気など様々なものを見極めようとされますが、やはり社会人として必要な礼儀や知識を持ち合わせているかは重要なところでしょう。ドア開けるならノックをする、入室の時の「失礼いたします」などの基本中の基本は忘れないように心がけましょう。

基本チェックポイント
・敬語で話し、はっきりと大きな声
・姿勢を正しくし、視線は口元からネクタイの結び目あたり
・自分のアピールポイントはよくまとめておき、積極的に伝える
・労働条件はしっかり内容を確認する質問をする。仕事内容を詳しく質問することから始まり、休日や残業、賃金へと移っていくと良いでしょう。いきなり賃金の話は失礼となってしまいます。
※面接の結果の連絡方法や日にちを必ず最後に確認するようにしましょう。

面接後の対応も大切です

採用が決まった場合

電話連絡ならしっかりと採用への感謝を伝え、いつから勤務すればいいのか勤務初日の持ち物、これからの服装など必要なことを聞いておきましょう。

採用を辞退する場合

できるだけ早く連絡をして、しっかりと理由を話して辞退を伝えましょう。

面接前に必読!
「あらゆる出会いは、最初の10分で決まる。」をコンセプトに毎年、就職学生の3人に2人は読むとも言われるまさにバイブル的な一冊。実際の面接に役に立つおすすめ本です。

面接前に必読!
自己分析はどのように考えればいいのか。 エントリーシートはどのように書けばいいのか。 自己分析・エントリーシートがなぜ企業に伝わらないのか、 その理由と対策をまとめた実践編です。

薬剤師就活サポート